離婚と慰謝料の現実について

かつての日本では簡単に結婚も離婚も出来ず一度一緒になればお墓に入るまで一緒という風潮でしたが近年は大きく変わってきています。結婚とは自分たちのだけの問題ではなく相手の家族と親戚になると言った事が言われていたのですが現在では結婚しても生活に馴染めなかったり相手家族と上手く行かなかったりと短期間で離婚してしまうという人が増えています

簡単に離婚をする理由の一つとして女性の社会進出と地位が認められた事が大きいと考えます。昔の女性は結婚すると家庭に入りお金を稼げる手段を持っていなかったので簡単に離婚は出来なかったのですが働く女性が増えた結果、女性の意識が変わり離婚しても一人でやっていけると考えるようになった事が離婚を後押しする理由になっていると言えます。

ただ慰謝料に関してですがこの件に限って言うと世界から大きく遅れて言えると思います。慰謝料とは離婚事由を作った側に請求するものですが、裁判までいっても多くて数百万円程度と世界からみてもかなり低いままとなっています。また子供がいる場合の離婚は大変厳しいものであり女性に不利と言えるのに慰謝料も低いままでは仮に女性に非があっても問題があると言えます。

慰謝料と養育費は別物ですがやはりお金があると無いとでは違ってきますので今後は慰謝料がどう変わっていくか見守っていく必要があります。

日本の離婚と慰謝料について

昔の日本では結婚は一生ものと言われていましたが今では簡単に離婚をする人が増えています。理由はいくつもありますが女性の社会進出が顕著になったのと女性の立場が強くなったと言う事が挙げられるのではないかと考えます。

戦前や戦後直後は女性の立場は非常に弱く世間体も悪いという事もあり、また収入も無い事から別れるという選択肢は余り考えられませんでしたが上記に述べたように現在はほぼ男女ともに平等社会となっています。そういった事から離婚がし易くなったのだと言えます。しかし別れる事は難しくなくなりましたが慰謝料の方は世界基準から見ると大変低いものとなっています

主に離婚事由を作った側から慰謝料を取れるのですが色んな事情を鑑みても数百万円が良いとこでそれも裁判所で決められる額ですからどうしようもありません。日本では離婚した時にお金を払うと言った概念が薄く離婚は両成敗と言った風潮も残っている事から慰謝料が低く抑えられているのだと思います。もちろん最近では少しずつ慰謝料額は挙げられてきましたがやはり世界から見ると小さく今後も大きく変わる事は無いと考えます。

しかし泣き寝入りという訳にもいかないので自分に非が無いと言える時は弁護士などをたててしっかりと慰謝料を請求する方が良いでしょう。

参考:https://www.bengo4.com/tokyo/f_3/f_35/

不倫における離婚の慰謝料

離婚する場合、夫婦間における協議離婚であれば理由は一切関係ありませんが、裁判において離婚を認めてもらうためには、法律上の離婚原因に相当する理由が必要です。その理由の中には、「相手に不貞行為があった場合」というのがあるので、不倫を理由とする離婚は可能です。

ところで、離婚には慰謝料が付きものですが、慰謝料というのは離婚原因となる事実によって受けた精神的苦痛に対する損害賠償です。従って、損害賠償である以上、損害を受けたという事実の認定が必要であり、そのための証拠が必須になります。また、離婚の慰謝料は法律で定められたものがあるわけではなく、精神的苦痛を始め、責任の大きさや支払う人の収入、婚姻期間、子どもの有無など、色々なことが考慮されるので、金額はケースバイケースとなります。

不倫の場合は、不倫の回数や不倫の期間、不倫にいたった経緯、不倫相手の妊娠・出産なども慰謝料に影響します。そのため、できうる限り、不倫相手との密会写真やそれとわかる手紙やメールなどの証拠を集めておくと裁判で有利になります。

ただし、どんなに証拠を集めても、またショックが大きかったとしても、相手の資産や収入が金額の基準になるため、法外な要求をしても無駄になります。一般的なサラリーマンの場合、慰謝料の相場は100万円~300万円になっています。

離婚の際にはしっかりと慰謝料をもらう

もしも結婚している間に相手に浮気をされてしまった場合は、離婚に至ることも多いでしょう。たとえ離婚に至らなかったとしても、結局は心にしこりを残したままこれからの人生を暮らしていかなくてはならないようであれば、楽しく暮らしていけるはずはありません。それならばいっそのこと離婚をして、すっきりとした気持ちで新しく自分の人生をはじめたほうがいいはずです。

しかし、新しい人生を始めようと思っても、お金がなくては始めることができません。そのためには、しっかりと慰謝料をもらっておく必要があります。そうしなければ、相手の浮気が原因で離婚するというのに、これからの人生を始める資金もないとなると辛すぎます。

ですので、しっかりと慰謝料をもらって離婚をするようにしなくてはなりません。離婚の際の慰謝料は、離婚原因にもよって金額に違いが出てきます。例えば、相手の浮気が原因で離婚をする場合は、どの程度の金額をもらう事ができるのでしょうか。浮気の場合に関しての慰謝料は、その期間や、回数などでも金額の差が出てきくるのです。

より多くの慰謝料を勝ち取るためには、しっかりと浮気の証拠をつかむことが大事です。有利に話を進めるためにもしっかりと調査しておきましょう。

参考:https://www.q-tantei.com/uwakichousa_jibunde.html